Pocket

本日は、最近の採用関連のサービスの進化や採用マーケティング、採用ブランディングの浸透を通して、中途採用活動が先行投資の世界になってきている話について書きていきます。

これまでの採用活動は成功報酬中心の世界

中途採用の世界では入社決定で成功報酬を支払うというのが一般的なモデルです。実際に成功報酬以外の課金モデルで、特に実績のないスタートアップが企業にプロダクトを使ってもらうというのはなかなかハードルが高いというのは、営業もしながら実感してきました。

また、成功報酬は人材を採用しない限り、費用が発生しないため、導入する企業にとっても比較的リスクが低い価格体系です。従って新しいサービスができた場合に、とりあえず試すという点では非常に有効なモデルと言えます。

これからの採用活動は先行投資の時代

ただ、マーケティングの世界でも成功報酬型の広告は最も最終的な単価が高く、一般的には普及度が低い広告のビジネスモデルになっています。

これは当たり前ですが媒体側が結果が出ない限り、収益が得られないので、だんだん課金レート上げていく一方で、クリックや露出課金課金といった成功報酬前の課金体系の場合はトータルで見ると安くなる、或いはうまく最適化させると安くなるように価格体系をつくっていくからです。

従って、採用活動の世界でも先行投資活動を求めるサービスが徐々に増えてきています。

また、採用マーケティングや採用ブランディングといった、自社の採用活動をより有効に進めるために事前に先行投資をするという概念も出てきています。

実際に、前職のレアジョブでも例えばオウンドメディアの立ち上げやイベントの開催などを定期的にやってきましたが、最初はなかなか成果が出ませんでした。ただ、最近は採用活動において大きな成果が出る一つの要因になってきており、先行投資が実りつつあるようです。

Indeed=インプレッション課金・クリック課金、Wantedly=月額課金

また、実際に採用メディアも成功報酬型ではなく インプレッション課金・クリック課金や月課金型の新たなサービスが出てきています。

例えば最近、流行りの Indeed は一般的には Google の Adwards と同様に露出やクリックに対する課金になっています。そのため、採用担当もリスクを背負って、サービスの導入あるいは結果に対してコミットをすることが求められてきています。また、導入後も当然ですが自社で工夫して最適化を図っていく必要が出てきています。

また、Wantedlyに関しても良くWantedlyからなかなか採用できないという声も聞こえてきますが、実際にはある程度の PV がありそこから採用できている企業も存在しています。必要なのは同様に記事の更新など先行投資の世界です。

採用担当にマーケティングスキルが必須の時代

これは以前に書いたブログにも記載していますが、中途採用担当が先行投資の概念、つまりはマーケティングのスキルを身につけなければいけない時代になってきています。これまでは成功報酬型の人材紹介中心で事前にリスクをとるというサービスは、それほどありませんでしたが最近の流行りのサービスは比較的先行投資型になってきています。

これはデジタルマーケティングの世界でアフィリエイトモデルだけではなく Google や Facebook 等先行投資型の広告が浸透したのと、非常に近い流れです。実際にデジタルマーケティングの世界でもある程度リスクを取って、広告を運用し最適化を図った場合のみ、他社よりも良い成果が出るようになっています。

詳しくは以下のブログをご参照ください

経営サイドも採用活動で先行投資であることの理解が必要

一方で、経営サイドも採用活動に先行投資が必要な時代であることの認識が必要です。

例えば採用のオウンドメディアを立ち上げるといった話が持ち上がった場合に、しばしば聞かれるのが、「じゃあこれで来期何人が採用できるのか?」といった声です。ただ、残念ながらそんなに即効性があるものではなく時間をかけて育てていくことが必要な取り組みだったりします。

また、 Indeed も基本的にはインプレッション・クリック課金型のモデルのため、最初はすぐには成果が出ません。従って、やり込んでいく中で最適化され、結果的には成功報酬よりも安く成果が出るサービスに自社で育てていくという概念も必要になってきます。

つまり、マネジメントサイドも即効性のある効果だけを求めるのではなくある程度先行投資であるということも理解しながら、最終的に一定以上の期間をかけてよりリーズナブルな活動にしていくという姿勢が必要になっています。

以上、いかがでしたでしょうか?
自分たちのサービスも基本は成功報酬型で始めていますが、将来は先行投資型の設計にしていきたいですね。

Findyのサービス紹介