Pocket

永遠のテーマですね。
先日、インターンの面接時に、就活中の学生からズバリ聞かれたのが
「新卒で大企業にすべきか、スタートアップにすべきか。」
という問いです。

これ非常に難しい問題ですね。ただ、新卒で三菱重工業(大企業)→外資(BCG)→スタートアップ(10人未満のレアジョブ)を経験した僕が解説しますw

本記事では、スタートアップをだいたい30人未満の会社として話を進めます。

大企業にすべき理由

まずは大企業のメリットからです。聞いたことある理由も多いですがご了承ください。

悩みを打ち明ける同期がいる

これは地味に大きいです。同期は同じ釜の飯を食べる仲間であり、20代のうまくいかない時代も愚痴ったり、励まし合ったりしながら、同じ時間と空間を分かち合えます。会社を去った後でも気軽に声をかけれる存在で、比較的利害関係なく、付き合えるところも良いところです。

個人的には三菱重工業ではもちろん、BCGでも新卒入社だったので実質同期が2回いるような状況でした。

仕事を教えてくれる先輩がいる

大企業は新卒が入社すれば、原則毎年似たようなことから始めます。ちゃんとルーチンの仕事もあるのが大きな組織の特徴です。営業担当であれば外回りから、戦略コンサルであれば分析やインタビューから。型がすでに存在しており、教えてくれる先輩も存在します。

したがって、立ち上がりは無理なくスムーズにいく可能性が高まります。

ちなみに自分の場合、三菱重工業時代は事業部で初の新卒経営企画配属だったので、事例がなくこの恩恵にはそれほど預かれませんでした。一番年の近い人が35歳超えていました。いやー、本当につめられて厳しかったw

教育・研修が充実している

仕組みとして、”育てる”制度が整っています。マナー研修に始まり、工場、営業の実地研修や経理の研修など一通りを会社がコストをかけて教えてくれます。しかも、その間もありがたいことに給料が出ます。

ちなみにスタートアップはこの裏返しです。
新卒同期は普通いないし、先輩も優しく教えてくれるというよりは任せて去るという感じです。いや、先輩も自分の仕事と会社の成長にいっぱいいっぱいです。もちろん教育・研修もありません。

スタートアップにすべき理由

次にスタートアップにすべき理由です。今スタートアップにいるからスタートアップよりだったらすいません。

いきなり裁量権がある

レアジョブに入社した当時の僕の同僚はほぼ年下でした。(当時25歳)そんな年下の皆様に怒られながらやっていたのですが、カスタマーサポートの現場のマネージャーも新卒だし、一緒にマーケ、企画をやってた同僚も大学中退だし、エンジニアも19歳でした。

そんな彼らも当然、僕と同じように裁量と権限を持ってやっていました。新卒の現場マネージャーに、「山田さんより●●くん(中退の彼)の方がカスタマーサポート覚えるの早いですね〜」とプレッシャーをかけられたのは良い思い出ですw

急成長を実感できる

スタートアップが本当に成長するときは倍々、あるいは3倍成長が当たり前です。指数関数的な成長すらありえます。組織がどんどん大きくなる経験は滅多にできるものではありません。特にこの低成長期の経験では希少価値が高い経験です。

そして、組織の急成長は以下にある個人の圧倒的な成長につながります。

圧倒的に成長する人、もいる

これは全員ではないですが、若くして裁量と権限を持って働いた結果、文字通り”化ける”人がいます。インターン時代から僕のチームメンバーだった彼は今やレアジョブで最年少部長をやっていたりします。

リクルートさんの「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」をまさに実行している人たちです。

もちろん、大企業のメリットもあります。規模が大きいので若くして、どでかい仕事を経験できます。三菱重工業だと、子会社の経営統合とか、アブダビで電車をつくるとか、なんだなんだと思いたくなる夢のある仕事をしているエースもいます。

大企業orスタートアップのどちらを楽しめるか

と、ここまでいろいろと書いてきましたが、ぶっちゃけどの環境でも伸びる人は伸びるし、伸びない人は伸びない。
伸びないと面白い仕事はできない。

そして伸びる人はその場を、目の前の仕事を楽しみきっている人、それに尽きるというのがまとめです。

どちらが合っている。それを自分に問いかけ続けた結果としての答えが出ます。もちろん、僕も含めた経験者に聞いてみるのも一つの大きな向き合い方です。ご興味のある方は山田のFacebookからお気軽にご連絡ください。

個人的には三菱重工業はめちゃめちゃ楽しかったですが、やっぱり向いているのはスタートアップかもしれませんw

そして、Findyのインターンに興味のある方はこちらにも!

採用マーケティング研究所の更新を購読する