Pocket

2017年も残すところ、後1日ということで「日本のシリコンバレー大垣」(この表現好きw)に滞在中に2017年の振り返りをしようと心に決めました。

2017年振り返り(人にまつわる話編)

働き方改革

やっぱり、今年は「働き方」に注目が集まった年ですね。「長時間労働是正」「非正規と正規労働の格差是正」「副業解禁」などいくつかテーマがありますが、まわりを見ても結婚して子供もでき、共働き世帯が増える中で「24時間働けますか〜。ビジネスマーン」的な働き方の限界を迎えている感じがします。妻の方が給料が高くってという男性も増えてきました。

「共働き」でも働ける会社は優秀な人を集める上で必須の要件になってきています。

副業という選択肢

企業の副業解禁も増えてきましたね。「ロート製薬」や「ヤフー」が大手の中では先頭を切りましたが、昨年くらいから優秀な人を採用したいと思うと「副業ってオッケーですか?」と当たり前に聞かれるようになりました。Findyもエンジニア、デザイナーを中心に副業の人がめちゃくちゃ活躍してくれています。

フリーランスの増加

年末に発表された税制改正では年収が高い会社員が増税の一方、フリーランスが減税でしたね。推測ですが、政府は雇用の流動化を規制が強い正社員の領域ではなく、フリーランスを増やすことで実現しようとしている印象です。

一方でこれから、フリーランスの与信やセーフティネットは大きな課題になってくると思います。「今後もどれくらい稼げるか」「病気になった際になんとかなるか」といったあたりを整備することで、フリーランスに挑戦してみようかなと思える人も増えてくると思います。

我々も「未来を創り出す人をエンパワーメントする」というミッションを掲げているので、このあたりには注目しており、新しい事業にも挑戦していこうと思っております。

また、もちろんFindyでもエンジニアおよび事業開発でフリーランスの方のサポートはなくてはならない存在になっています。

エンジニアの価値が引き続き増大

前職時代に新規事業を率いていた頃から、メンバーは「エンジニア出身」もしくは「大学でプログラミングを学んでいる人」に限定していました。これは、プロダクトの設計や開発、そしてリリースまでのスピード感を考えた際にエンジニアリングの知識がある方が圧倒的に早いことが増えているからです。

また、Webの世界も単純に紙媒体をWeb化するだけで勝てる時代が終わり、産業の深い知識とエンジニアリングの深い知識の融合がない限り、新しい価値を生み出せなくなってきています。

さらに大手もIoTや自動運転の文脈の中でソフトウェアやアルゴリズムの取り込みが求められており、今後よりいっそうエンジニアリングの価値が増大していきそうです。

ちなみにFindyでも共同創業者兼CTOは現在、次の新サービスのプロデューサーも兼任し始めています。(筋トレをしているだけではないのです。)

2017年振り返り(会社にまつわる話編)

2017年5月にFindy(ファインディ)リリース

ドキドキのプロダクトリリース。AI求人票採点サービスのFindy Scoreリリース後に無料で求人票を書くお手伝いをした10社中9社からエンジニアの求人票を書いてほしいという依頼があり、エンジニアの転職に大きなミスマッチが生まれていることを感じていました。

リリース後は無事多くのエンジニアの方に使い始めて頂き、その後企業クライアントさんに使って頂く際の後押しにもなりました。まだまだ十分ではないプロダクトに興味を持っていただき使って頂いたエンジニアの皆様、そしてその後導入頂いた人事の皆様本当にありがとうございました。

2017年9月にICC登壇

次に大きなイベントが「ICC登壇」。絶賛、優勝を狙ってめっちゃめちゃ練習を重ねていったのですが、敢えなく敗退。5位以内に入ることもなく…。かなり落ち込みましたが、新たなお客様とも出会える貴重な機会になりました。来年、2月の福岡にもいく予定です〜。

ICCのために何十回とプレゼン練習をしたことはいい経験になりました。

2017年10月に初めてFindy経由の転職者

やはり、サービスの最大の価値はFindyを通して、新しいキャリアのきっかけをつくることだと思います。そんな中で、2017年7月から企業の方に利用して頂き、初めての転職が決まったときはとても嬉しかったです。最近、利用者数や利用企業数の増加もあり、徐々にFindyを使って転職をする方が増えてきています。

エンジニアと人事の皆様にはまだまだ使いにくい我々のサービスを根気よく使って頂き、嬉しい限りです。これからもとにかくユーザーの声を聞いてサービスに反映していきます。

2017年10月に初めての正社員第1号が入社

もう一つ嬉しかったのが、正社員第1号の入社です。何よりFindyとして自信をもって、正社員を採用したいと言えるようになったこと、そしてまだまだリスクの高いスタートアップに思い切ってジョインしてくれたことに感謝感謝です。

2017年の反省

最大の反省は、「思い切って先手を打てていたのか」ということです。例えば、Findyのリリースも5月になってしまったのは有料職業紹介事業の認可が遅れてしまったことです。その前提としては、資本金500万円が申請には必要ですが、そこの増資を躊躇った時期があり、遅れてしまいました。

その他にも採用まわりや開発投資まわりでもっともっと思い切って手を打てていたのか、という点が大いなる反省点です。スタートアップだからこそ、もっともっとスピードを意識できたのではないかと反省しています。

従って、来年はギアを上げていきます。決断も早くできるよう体制をつくっていきます。

また、今年感じた最大のことは「起業って楽しい」ということです。来年はこのタイミングで共感して、リスクをとってジョインしてくれているメンバーと一緒に、もっともっとFindyを盛り上げていきたいと思います。

あと、最近、共同創業者の影響で「山田さんも筋トレやってますよね?!」といつの間にか筋トレ好きと認識されることが増えてきました。最近、サボっているエニタイムフィットネスを来年こそは最低週2で行けるように頑張ります。

それでは来年も宜しくお願いします!そして、今年はサポート頂いた皆様、本当にありがとうございました!!